2006年09月30日

●フラット走法 練習スタート

目標体重:69.0kg
目標までの残り:-2.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:71.0kg
BMI:24.6


『アミノバリューチームケンズカップトライアスロンin国営昭和記念公園』以来久々のランニング。
フラット走法をマスターしよう!ってコトで、走り始める前に以前『ランニングクリール』に付いていた DVD を再度見てチェック。
まず一通り見てから、次にもう一度ポイントをメモりながら。

そのメモを持って地元お台場界隈を走った。
潮風公園までいつも通り走って行ってからフラット走法の練習。
ミッション4 の『スイング振り下ろし』っていうのが分かり易かった。
『地面を引っ掻く』っていうカンジがした。
これで走ると『パワー感』を感じる。
その分、力が沢山必要というカンジがした。
フラット走法もランニング誌やトライアスロン誌で取り上げられているので差し当たりはそれを読んで練習するしかないケド、出来たらやっぱりキチンとした指導を受けたいところだ。

●ラン 60分

久々に走ったので、1時間でもスゴく効いた。
脚だけでなく全身に効いた。




posted by ★yossiy★ at 00:00| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) |  ランニング、マラソン / Running, Marathon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

●パレスサイクリングコース



秋晴れの清々しくキモチの良いサイコーのサイクリング日和に皇居のパレスサイクリングコースに行って来ました。



まずは有明北橋、晴海大橋を越えて行きます。
どちらも素晴らしい眺めですが、今日は天気も良くてサイコーでした。





2006_0924_104508AA.JPG



続いて勝鬨橋を渡ります。
先ほどの二つの橋に比べると高さはありませんが趣きと味のある素敵な橋です。




勝鬨橋を渡ればスグに銀座。
我が家方面からは晴海通りに入ればあとはひたすら真っ直ぐ一本道で銀座・日比谷経由でパレスサイクリングコースのスタート地点祝田橋。
広々とした4車線が閉鎖されてサイクリストの為に開放されています。
普段車が走っているところをバイクが独占している様は痛快です。


@パレスサイクリングコース


欠点は信号待ちをしなくちゃならないコトですな。
特にトレーニングとして走るには細細中断されてしまうので、不向きカモ。

この信号待ちの時にビンディング付けているオジサンが転倒・落車。
ちょうどタイミング悪く後ろから近づいて来た人もそれを避けなければならず、やはり転倒・落車。
最初に落車したオジサンは自分が他人を巻き添えにしてしまったコトに 1ミリも気付いておらず、当然謝りもせず。
かなりイタかった。

さて、しばらくこの素晴らしいコースを楽しんだ後でケイデンストレーニング。
その後パレスサイクリングコースを離れて皇居を一周してみることにしました。
ランニングを始めた時に当然皇居は意識・検討したケド、実際に走ったコトはなかった。
まさかランニングではなくてバイクでまずは走るコトになるとは思いもしなかった。
1周5キロの皇居は走れば2,30分かかるケド、自転車ならスグだった。
ちょっとバイクでは走り辛かったな。
車道は車がビュンビュン飛ばしているし路肩はほとんどないし。
逆に歩道も狭いし混んでるし。。。
(´・ω・`)

ランニングなら適度なアップダウン+緑も多くて眺めも良くてキモチ良さげ。
パレスサイクリングコースでバイクのトレーニングを行って、皇居の周りをランニングというマルチトレーニングはなかなか良いアイディアだと思う。


パレスサイクリングコースに戻ると大手門で右折し皇居を離れた。
オアゾ、東京駅をパスしてスグに日本橋だ。
スタバで軽くブレイク。
やってみたかったんだ、バイクでポタリングしつつ、カフェで休憩。
屋外のテラスでバイクも見えたりしたらパーペキだろうけど、今回は適わなかった。

日本橋の小径車ショップ『LORO』に寄った。
サドルバッグが欲しかったのだ。
アダプターが必要なんだけど、取り付けまでやってもらってしまった。


@帰り道
晴海大橋からアーバンドック ららぽーとを臨む


ともぴが1時には出かけるってんでちょっと急いで帰り、オンタイムで間に合わせた。

2006年09月22日

●Bike @パレスサイクリングコース

目標体重:69.0kg
目標までの残り:-2.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:72.5kg
BMI:25.1
二回目測定
体重:71.0kg
BMI:24.6


 ●走行時間 1時間44分26秒
 ●走行距離 33.96km
 ●積算距離 331.6km
 ●平均速度 19.5km/h
 ●最高速度 43.7km/h
 ●ケイデンス
   90 5分
  100 5分
  110 5分
  120 3分
120は 3分しか出来なかった。
ってか、


吐きそうになった。。。

(´・ω・`)

正直キツかったな。


その後、いいカンジに信号も繋がりコースもクリアになったところで懲りずにいつものお楽しみ・最高速アタック。


posted by ★yossiy★ at 17:27| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) |  錬ike(バイク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

●久々練習>バイク

目標体重:69.0kg
目標までの残り:-2.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:71.5kg
BMI:24.7
二回目測定
体重:71.5kg
BMI:24.7


9/16(土)のアミノバリューチームケンズカップトライアスロンin国営昭和記念公園の大会翌日は正直ヘロヘロだった。
翌々日からようやく普通に戻ったけど、練習は今日になってしまった。

地元で大江戸温泉やテレコムセンター辺りまでを何往復かした。
ケイデンスを 5分刻みで上げていき、110で10分。
最後の 5分では瞬間最大風速的に「こなくそ〜ッ!」とグルグル回し、ケイデンスは 130 を超えた。

 ●走行時間 32分26秒
 ●走行距離 13.38km
 ●積算距離 297.6km
 ●平均速度 24.8km/h
 ●最高速度 35.6km/h

これまでのところ朝の練習は30分程度しか出来ていなかったけど、今後はバイクにしろランにしろ最低1時間は練習したいところだ。

posted by ★yossiy★ at 08:07| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) |  錬ike(バイク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

●アミノバリューチームケンズカップトライアスロンin国営昭和記念公園 ゴール後



ゴールするとスグに足の計測用チップを外され、アミノバリューを一本手渡された。
岡さんと堤さんがいたのでしばし談笑。
堤さんには「初めまして」と言われたが全然そんな気がしない。
でも実際お話しするのはこれが最初だった。
彼氏に一緒に写真を撮っていただいた。

堤さんと


同じく、『お台場トライアスロン実技教室』で一緒だった大久保さんもいたので握手&ご挨拶。
皆遠くないいつかはトライアスロンデビューを果たしたのだろうが、あの教室で弾みがついたのは間違いないだろう。
ボクなどは一気に加速した。
こういうのは、ホント“勢い”だね(w

さて、汗を拭いて着替えようというコトでゴールエリアを離れロッカーまで戻ってくると、またまた「張替さん?」と声をかけられた。
振り向くと一瞬誰だか分からなかったが、いずみさんだった。
キャップをかぶっている姿しか覚えていなかったのだ(w
握手した手が冷たかった。
シャワーを浴びていたそうだ。
ああいう『教室』は一期一会だと思っていた。
でも、みんなにまた会えたコトは本当に嬉しかった。
実はこのことが一番大きな収穫だったかもしれない。
お互いデビュー戦を完走出来た喜びを分かち合った。
来月、皆でツーリングに行くコトになっているので、「じゃ、またその時に」と言って別れた。


トイレに行ってシャワーを浴びた。
冷たいシャワーはホントに冷たくて胴体にはかけられなかった。
後刻分かったことだが別の場所に暖かいシャワーもあった。

レース前と同じくゆっくり・じっくりとストレッチとヨーガをしたけどなかなか閉会式は始まらなかった。
じゃ帰ろうかなと思ったけど、せっかく来たんでここの素晴らしいサイクリングコースをあと1、2周漕いで帰ろうかと駐輪場でスタンバイしているとちょうど「2時から閉会式を始めます」とアナウンスがあったので戻った。

閉会式は高校生の部から表彰が始まった。

2006_0916_141938AA.JPG


岡さんと閉会式を見ていると堤さんがやって来て「抽選券配ってましたよ」と教えてくれた。
そりゃ大変だ、急いで貰いに行こうとすると、堤さんがもう帰るからと1枚ずつ券をくれた。
堤さんとも「じゃまたツーリングで」と別れた。

年代別の表彰でいずみさんの名前が呼ばれていた。スゴッ!
素晴らしい。
バイクも買いたて、デビュー戦で年代別の2位!
スゴ過ぎだ。
でも、いずみさんは既にお帰りになってしまっていたようで、表彰台には姿を現わさなかった。残念。
あの商品はどうなるんだろう?
自宅に送ってくれるのだろうか? それともバックレ?

一通り年代別・エイジグループの表彰も終わり、国立市とかの表彰に移ったところでボクも帰るコトにした。
最後まで見たかったし堤さんから受け継いだ95番の抽選券も楽しみだったけど、疲労と空腹で断念。

バイクを分解して Fit号に積み込み、楽しかった昭和記念公園を後にした。
復路はほぼほぼ順調で首都高新宿線から C1 に入るところでいつもの渋滞があった以外は土曜日の午後らしくスイスイス〜だった。

帰ると顔を洗ってウチの建物の1階集会所で行われているもも・ののの保育園のお友達の送別会にチラッと顔だけ出した。
4日ぶりのビールを一杯だけ飲んだ。



【リザルト】
●トータル 1:27:59 396人中306位 77パーセンタイル
●エイジグループ 46人中39位 84パーセンタイル

【総評】
デビュー戦としては楽しんで完走出来たのでそれだけで満足。
今後もバッチリまだまだ伸びしろありまくりだし(w

スイムは結果・記録だけ見るとランと変らないケド、殆どクロールで泳げなかったので惨敗だ。
一からクロール練習し直し。

トランジッションも今後の要改善の課題。

そしてバイクが一番結果が良くなかったので伸ばすべきところだ。
ランもフルマラソンへの挑戦と絡めて練習に取り組もう。

スポーツにはサイコーの季節になって来た。楽しみだ。



●アミノバリューチームケンズカップトライアスロンin国営昭和記念公園>Run



ランニングは“水鳥の池”に沿って走る。
木陰もあり、これまた走ってキモチの良いコースだった。



トライアスロンについて書かれている記事で「トランジット後、種目が変るとなかなか漕げない・走れない」みたいなのを良く目にするけど、別段そんなコトはなかった。
まぁ単にそこまで追い込んでいないだけかもしれないし、そういうのはオリンピックディスタンスやアイアンマンでの話かもしれない。

折り返し地点まで行って Uターンするコースを 4往復ほどするコースレイアウト。
折り返し地点には輪ゴムが置いてあって 1周一本取ると周回の数え間違いを防げるという画期的なシステム(w
イヤ、マジで。

戻って来るとフィニッシュ地点への分岐付近で岡さんが声援を送ってくれた。
本当に嬉しい。元気が出る。

口の中がベトベトっぽかったのでエイドステーションでは水を貰った。
実技教室で練習しておいた通り、「みず〜」と叫ぶ。

また戻って来ると今度は堤さんもいた。
嬉しいコトにその時に写真を撮ってくれていた。
コレ↓がそのいただいた写真。(撮影は堤さんの彼氏。一部加工しました)

DSC_2096_2.jpg


写真と一緒にいただいたコメントが、「まだまだ走れるゾ〜っていう笑顔とガッツポーズですね」

そうなんだよなぁ〜
ペース配分というか力の“使い切り方”が分かっていない。
そこまで把握出来るだけの練習をこなせていない。
サスガにゴールに倒れ込んで失神とかはマズいと思うケド。
今回は初のトライアスロン、目標は「デビュー戦を楽しんで完走する」だから、まぁ OK だけど。

こういう競技中の写真はフォームがバッチリ分かって、ありがたい。
しかし、思いっ切り『踵から着地』してるなぁ。。。
(´・ω・`)
フラット走法を身に付ける練習をしよう。

スイムとバイクの後とはいえ、ラン自体の距離が 5km と短いので途中でペースが落ちるコトもなく淡々と走れた。

前述の輪ゴム、別に取らなきゃいけないルールではないのだが、ああやって配っていると取らなきゃいけないような気がしてくる。
結局、最終周では混み合っていて接触もあって取らなかったケド。

いよいよゴール。
トライアスロンは一人ずつゴールテープを切らせてくれるのがとても嬉しい。
素晴らしい演出、エンターテインメントだ。
もも・ののがいれば一緒にゴールしたいところだけど、今日は保育園関係の集まりがあってそっちに行っちゃっているのだ。

06-0916_triathlon_2.jpg


撮影はオールスポーツさん。



【リザルト】
●ラン 24分52秒

■トータル 396人中259位 65パーセンタイル
■性別・年代別 46人中31位 67パーセンタイル


【反省・課題・次回に向けて 等】
●フラット走法をマスターする
●インターバルトレーニングを実施してスピード感やペース感を身に付ける
●練習方法も工夫しよう
・トレイルランニングを混ぜたり とか
・実際のレースに出るのが一番の練習かも
“Performance is the BEST exercise”ナリ
今のところ今後のレース予定は、
・10/22(日) 高尾天狗トレイルランニング(トレランのレース)
・11/26(日) 江東シーサイドマラソン(ハーフマラソン)
・2月 東京マラソン(抽選待ち・・・当たりますように!)

●アミノバリューチームケンズカップトライアスロンin国営昭和記念公園>Bike



トランジッションエリアのバイクラックに着くと着替え。
悠長にタオルで体拭いちゃったりして(w
海パンの上からパールイズミのパッドの付いたインナーショーツを穿き、更に短パンを穿く。
上はタンクトップを着た。
綿の 5本指ソックスを濡れた足に履くのは大変だった。
バイク用のビンディング、クリートの付いた専用シューズやペダルはまだ持っていないので、フツーのいつものランニングシューズを履く。
コレも特にトライアスロン用でもなければトライアスロン用にゴムのレースシューにしている訳でもないので、普通に紐を結んだ。
この辺の足周りには時間がかかってしまったので今後の課題だ。

ヘルメットはバイクを押す前にしっかりと被っていなくてはならない。
サングラスをかけてグローブをハメる。
こういうコトは慣れた人やシリアスな選手はバイクをスタートして漕ぎながらこなすのだろう。

バイクラックに着いた時には沢山いた同じ第6ウェーブの選手が(実際スイムのタイムはそうだった)、仕度が終わってバイクを押してラックを離れる時には、他に2人しかいなかった。
つまりこの時点で同じウェーブの後ろから3番目だ。。。
(´・ω・`)

慌てず確実にバイクのスタートラインを超えてから乗車。
コースに出て合流すると道幅も広く走りやすかった。
コースは基本的に幅も広く路面の状態も良かった。
一部折り返して Uターンする部分の道幅が狭かったが接触するような危険は感じなかった。

ここで他の選手を見て、「ヤヴェ、ゼッケン着けるの忘れた」
失格(DQ)になっちゃったらどうしよう、とちょっとビビる。
にしても、両腕両足にもデカデカとナバリングしてあるし、バイク自体にもヘルメットにもナンバーのシールを貼ってあるのにナゼ重ねてゼッケンが必要なのだろうか?
「アミノバリュー」と書かれているところがミソ?


参加前は様子がわからず、スイムみたいにガンガン当たったりするのかなぁとかビビっていたけど、実際にはとてもクリーンでクリアだった。

緑の中を走るとてもキモチの良いコースだったけど、コレは昭和記念公園のサイクリングコースとは違うよなぁ〜?
その内側に“上り・下り”と 2レーンになった“ちゃんとしたサイクリングコース”っぽいのが並行して走っていたから。
(そっちは道幅が狭い)
今回のコースになっている道路は公園管理用の車の専用道路みたいな気がしたが、でもフツーに園内で自転車アクセスして走れそうな気もする。

スゴい登り坂・下り坂というのはないが緩やかなアップダウンが適度に良いカンジ。
上りはガンバりどころだし、下りはスピードが乗る。

途中、1ヶ所路面に何か字が書いてあり「なんだろう?」とは思ったが実は段差だったと気付いたのは「ガツンッ」と当たってしまった瞬間だった。
「ヤヴェ〜、パンク大丈夫かなぁ」としばらく心配だったが、Giant OCR 3 はしっかり耐えてくれた。

翌周からはこの段差の手前ではしっかり減速したケド、他の選手達はあまり気にしていないようで、そのままのスピードで突っ込んで行っていた。

4周のうち1週目はケイデンス80目安。
2周目は90。
いずれも軽めのギアで。
その後は100オーバー。
途中2度程ボトルケージのボトルに手を伸ばし、ポカリスエットを飲んだ。

いつもの『お尻の痛さ』ってのはなかった。
ケド、今日は腰がずっと痛かったなぁ。
スイムの後で単純に肉体的にキツくて疲労しただけなのか、ポジションが合っていないのか?
今度しっかりポジションも見直してみようと思いつつ走った。漕いだ。


バイクではかなり抜かされたなぁ〜
イヤ、ダウンヒルバー装着の皆さんの速いコト。
楽勝でガンガン抜かされていく(w

あの DHバーってのは本当に有効なのだろうか?
有効ならなぜトライアスロンの選手しか使わないのだろう?
(ツールとかでは使っていない)
規則とか、峠主体のコースか比較的フラットかとかそういうの良く分かっていないけど、ロードで使われていないのならあまり有効ではないのでは?とか疑問。
でも、みんな使っているしなぁ〜?

この素晴らしいコースを 4周、小一時間も走れたコトはとても楽しく幸せだった。
フィニッシュへの分岐の辺りで毎周回アイアンマンの岡さんが声援を送ってくれた。
嬉しかった。

4周終わると分岐を左に向かってバイクのフィニッシュへ。
ここで運動広場みたいなところの真ん中の道路を通るが、ここだけダート。
フィニッシュラインの前で確実に降りて、またラックまで押して行く。
バイクをラックに戻すとヘルメット、サングラス、グローブを脱いでバイクの前に置いた。
今度は忘れずにゼッケンを装着(w


【リザルト】
●Bike 50分34秒

なお、サイクルコンピュータの計測は以下の通り
 ●走行時間 44分28秒
 ●走行距離 20.95km
 ●積算距離 284.2km
 ●平均速度 28.3km/h
 ●最高速度 42.0km/h

■トータル順位 396人中336位 84パーセンタイル 遅せぇ〜

■性別・年代別 46人中40位 87パーセンタイル ますます遅せぇ〜


【反省・課題・次へ 等々】
●トランジッション
引き算するとトランジッションに 6分以上!かかってしまっている
・次はあまり休み過ぎず、歩かず走ろう!
以下は財力も関係してくるケド、
・専用ウェアがあれば、いちいちわざわざ着替える必要なし
・シューズも専用があれば履き替えタイム短縮可能
・逆にウェットスーツを着るならば、脱ぐのは大変そう

『トライアスロン実技教室』でアヤトさんも言っていたけど、オーストラリアで『トライアスロンの練習』っていうと、ほぼほぼこういうトランジッションの練習だったとのこと。
これもまた練習や意識が必要ってコトですね。


●バイク自体
購入してちょうど一ヶ月というコトもあるけど、バイク自体が遅いのは間違いない。
体力、技術・スキル、経験、全てが不足している。
これも走り込むしかないんだけど、
・フォーム、ポジションをもう一度キッチリとチェックしてセッティングしたい
腰も痛かったし
・バイク自体の性能はどうにもならないけど、専用のビンディング、クリートを使うペダル&シューズもゆくゆくは欲しい
これも財力マターですな。
財力マターでどうにもならない部分は体力マターでカバーして行くしかありませんな。




posted by ★yossiy★ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) |  錬ike(バイク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●アミノバリューチームケンズカップトライアスロンin国営昭和記念公園>Swim



計測用チップを受け取り右足首に着ける。
左足首には既にロッカーの鍵が着いている。



アップエリアに戻りアップを続けるが、とにかく水が冷たい。
左足裏の土踏まず部分が攣りそうな気がして良く伸ばしたり揉んだりした。

11:10
5分前になり集合がかかりスタート地点へ。
既に大方の皆さん集まっていた。

周回の閉じた流れるプールでどういうカラクリになっているのかナゾだが(単に皆さん期待通りのタイムでパスしているだけか。強烈に遅い選手がいたらどうするのだろう?)、前の第5ウェーブの泳者がいなくなると我々第6ウェーブが水に入りスタートを待つ。
おとなしくちょっと後の方にしておいた。

スタート。ピンク色のタイメックス アイアンマンのスタートボタンを押す。
スタートの合図は「バンッ!」というピストルの音ではなく、「ポワ〜ン」というラッパ系の音だ。

実技教室で聞き、練習しておいた通り、ものスゴい団子状態。
体がブツかり合うのは当り前。
頭を殴られたりもした。
サスガにゴーグルは飛ばなかったな。

それにしても水が冷たい。
しばらくはクロールで進んだが予想・予定通り途中で平泳ぎにスイッチ。
平泳ぎだと後の人を蹴ってしまう。
顔面とかヘンなところを蹴っていなければ良いが。。。

それにしても水の冷たさが堪えた。
しばらくはクロール&平泳ぎで行ったのだが、水の冷たさがしんどくて、やがて中盤は平泳ぎオンリーになってしまった。
とにかく、もう水が冷たくてクロールでは泳げなかった。
それでもこの辺りになると周りのクロールで泳いでいる選手達よりも遅いというコトはなかった。
(子供の頃から平泳ぎ専門で、クロールはこの春「トライアスロンやるゾ!」と思い立ってから始めたばかりなので楽さとか慣れが全然違うのだ)

終盤になると「後少し」という思いでまたクロールを混ぜたが、逆に「イヤ、これ死ぬかもしれない」とも思った。

プールという閉じたコースなので、とにかく混んでいる。
プラス、しんどかったりとか水が冷たかったりだと思うが、結構みんな泳ぎをストップして立ってしまう。
そんな中、一度も途中立ち止まらずに泳ぎ切れたコトは自分としては評価したい。
でも、クロールオンリーで泳げなかったコトは、忸怩たる思いだ。
スゴく悔しい。
平泳ぎだけど一度も立たずに泳げるコトが素晴らしいのか、途中立ってしまったとしても、全てをクロールで泳ぎ通した方が素晴らしいのか。
モチロン、一度も経たずにクロールで泳げるのが一番良いのは間違いない。

ゴールが見えた時にはホッとしたし、ゴール出来たときには正直「イヤ、死なずに良かった良かった」と思った。

トランジッション
他の選手達のように走れず、ゆっくり歩いてエイドのアミノバリューなどもいただきながらバイクラックに向かった。


【リザルト】
●Swim 12分33秒

■全体 396人中257位 64パーセンタイル

「パーセンタイル」という用語の使い方が正しいかどうか分からないが便利なので使ってしまおう。
(多分ホントは逆で、このレースでの64パーセンタイルは 12分33秒 という使い方が正しいと思われる)
ここでは、「もし、100人で走ったら何番目」みたいな意味で使ってます。

■性別年代別 46人中32位 69パーセンタイル


ところで、有明スポーツセンターでの練習時にクロール主体で泳いで 22分もかかっていたってのはどういうコトなんだろう?
今回の本番の方が10分も短い。
火事場のバカ力か? 25メートル毎にターンして流れが妨げられるとそんなに遅くなってしまうのか?
同じようなコンディションで25メートルプールと50メートルプールで比べられると判明するかも。



【反省・課題・今後に向けて 等々】
●とにかくクロールに慣れる
今自分が感じている平泳ぎの“ラクさ”のレベルにクロールも引き上げる。
泳ぎ込むしかないんだろうケド、ただ闇雲にがむちゃらにやってもダメな気がする。(この半年の経験から)
ちゃんとしたメソッドに則る必要あり。
泳ぎ自体も練習方法も。
泳ぎのうまい人に指導して貰ったり、良いレッスンや教室等あれば活用したい。

●ウェットスーツ
今後はやっぱり必要になってくるだろうなぁ。
今回のように快適な水温じゃない / 水が冷たい場合もあるだろうし。
オープンウォーターならもっと過酷な状況だろう。


posted by ★yossiy★ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) |  牢wim(スイム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●アミノバリューチームケンズカップトライアスロンin国営昭和記念公園 受付〜スタート



トランジッションに着き、バイクをセット。
その他諸々も準備する。

アミノバリューチームケンズカップトライアスロンin国営昭和記念公園


バイクは後刻向きが反対だったコトが判明。。。
(^^ゞ
バイクにはドリンクボトル、ツール缶、ポンプ、サイクルコンピューターをセット。
鍵はなし。
ここはもう、普段は信じていない性善説信者に一時的にでもなるしかない(w

スイム後のシューズと靴下、バイク用のパッド付きインナーショーツ、短いパンツ、タンクトップとゼッケンをセット。
初心者なんでタオルなんかも置いちゃったり。

ヘルメットの中にサングラスとグローブも入れる。
これらはバイクの前にコンパクトにまとめて置く。

ギリの10時になって「出て下さ〜い」のアナウンスに促されてトランジッションを後にする。

2006_0916_101518AA.JPG


バイクはこのように整然と置く。
ところで、今週はずっと天気が悪く、今日も週間予報ではずっと雨で天気が心配されたケド、すっかり良い天気に恵まれた。
スポーツにはちょうど良い好天で晴れと曇が半々ってところだった。
この天気がもう少し前からだったら水温ももう少し上がっていたんだろうが。。。


「ママチャリでの参加も」ってのはどうやら何かのマチガイだったらしく、気合いの入った人ばかりだ。
ちなみにバイクも殆どロードレーサー。
かつ、多数の人がダウンヒルバーも着けていたような。

プールサイドでは慣れた人達がシートを敷いて思い思いに準備をしたり寛いだり。
グループ、団体が多いようでボクのような独りはむしろ少数派?
ビーサン系があると便利なようだ。
たまたま自分はアクアモック系のラクチンな靴だったので良かった。

さて、どうしようかと思っていると高校生の部がスタートするようなのでプールサイドに見に行った。

2006_0916_101843AA.JPG


レインボープールの流れるプールの中の島が中心になっている。



初々しい高校生諸君。かなり速い。


さて、そろそろ自分も準備しなくちゃ。
スタートまでにかなり時間があった。
じっくりゆっくりストレッチとヨガを行う。
ヨガマットなど持ってくればよかったな。

更衣室に行って着替え、レースに不要な物はロッカーに。
100円の有料タイプ。
こういう風にプールサイドなら更衣室のロッカーに各自預けるのだろう。
海や湖等オープンウォーターの大会だとマラソンの大会のようにオフィシャルが預かるのかな?

さあ、いよいよだ。


集合地点にへ向かって歩いていると、「お〜ッ!」という声に呼び止められた。
見るとアヤトさんだ。
ちょうどお台場での『トライアスロン実技教室』から1ヶ月。
1ヶ月ぶりの再開だ。
また会えたコトが嬉しい。

早速トライアスロンデビューを迎えられる喜びを伝えると「楽しんで」と声援をいただいた。
オージー流の“Enjoy !”だね。
もしかしたら多少緊張もあったかもしれないケド、アヤトさんと話せてすっかりリラックスしてしまった。

中の島に渡ると今度は「張替さんですよね」とまた声をかけていただいた。
アイアンマンの岡さんだ。
わざわざ皆の応援に来て下さったようだ。
気合いを入れていただいた。
こういう大会は自分の場合今までは独りぽつねんと出るパターンだったが、アヤトさん岡さんに会えて話せてとても嬉しかった。
元気が出た。
出走前には会えなかったが、他にも『トライアスロン実技教室』で一緒だった仲間も既にスタートしてガンバっている・楽しんでいると思うとワクワクして来た。


でも、現実は厳しく、アップエリアの水に入ると、「冷たッ!」
メチャメチャ冷たい。。。
(´・ω・`)

「おぉ、そうだ計測用チップ着けなきゃ」と早々に一旦アップエリアから出た。


(続く)

●2006 アミノバリューチームケンズカップトライアスロンin国営昭和記念公園大会 受付まで

目標体重:69.0kg
目標までの残り:-2.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:71.5kg
BMI:24.7


6時起床、7時半出発の予定が、案の定なんだかんだでちゃんと出発出来たのは8時近くなってしまった。。。
バイクの積み込みとかで手間取るからね。

下のファミマでコロッケパンとあんぱんを購入。

朝見たときにはスイスイ流れていたレインボーブリッジもこの時間ではいつも通り渋滞。。。
台場〜一の橋 30分とかなんとか表示されていたのでいつも通りパスして一般道で芝公園へ。
土曜日なのでほぼほぼノンストップでスイスイス〜
芝公園で首都高に乗るとちょっと渋かった。
新宿線に入るまで事故渋滞らしく渋かったけど、そこからは調子良かった。

降りるべきは『国立府中IC』
いつも思うんだけど、高速道路の出入口の標識はちゃんとした正式名だけを載せて欲しい。
「調布・府中出口」とか書いてあるんで、調布かよ?国立かよ?と迷う。
あまりこの辺で降りちゃうコトないからね。
(むしろこの辺から乗るコトはあった)
あ〜、ちなみにウチの Fit号にはカーナビなんぞは付いていません。
普段から地図読まなくちゃ(w

結局「府中・国道20号」とか書いてあったんで降りたら、やっぱり調布じゃん。。。
(´・ω・`)
随分余計なアルバイト(ヤマ用語)になってしまった。
(そもそも中央道はずっと20号甲州街道と並行だし)

「ま〜いいか。「調布小仏トンネル渋滞20km」とか書いてあったし。こっちはスイスイス〜だからスグ着くでしょ」
なんて思っていたら、府中の辺りから早くも渋滞。。。
「ヤヴェ〜、デビュー戦、受付時間に間に合わずリタイア?」なんてな不吉な考えが頭をよぎる。

かなり精神衛生的に良くなかった。
ようやく日野橋を前に動くようになってきた。
日野橋前では以前強烈な渋滞にハマッたコトがあったのでビビっていたけど、ここはむしろ別に普通だった。

この辺からは未知の道だったけど、そう難しくなかった。
JRの線路をくぐり立川駅の北側に出ると立川って結構デカい街なのねと意外なコトに感心。
昭和記念公園も常に標識が出ていて分かりやすかった。
立川口はパスして西立川口へ。
あったあったと中央分離帯の途切れているところまで行って Uターンするとそこは駐車場の入口ではなく、公園の入口で「ここは駐車場ではありません」だと。
なぬ〜!?と再び Uターン。
このポイントは踏切待ちの大迷惑右折車でかたくなに動かなかったりする人がいるけど、そういうのは大回りでパスしてサクッと Uターンします。
で、ようやく西立川口の駐車場に入れた。
一日800円也(確か)
バイク整備中の車が沢山いました。

時間はちょうど 9時半で結果的にはちょうど良かったんだけど、精神衛生的に非常に良くない。
もっと余裕で着いておいてバイクの整備をするなりしておかないと。

2006_0916_095000AA_2.jpg


駐車場から西立川口の入口前に着くと受付のテントがありました。
受付を済ませて誓約書を提出し、セット一式を受け取って両腕両足にナンバーを書いて貰う。
トイレを済ませて入園。入園料は参加費に込みで、『仮入園証』なるものをいただき、コレと引き換えで入園。

2006_0916_095703AA.JPG
受付の遠景


道・場所は分からないが周りの人について行く。
トランジションは10時に閉鎖なのであまり時間がないけど、結構皆さん余裕。


posted by ★yossiy★ at 09:30| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Ttriathlon(トライアスロン) 総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

●大会出場の思いがけない効能 3日も続けて休肝できました!



前日の今日は職場も含めてウォーターローディング、電解質ローディング。
夕食にはリングィーネをタップリ食べてカーボローディング。

実はワタクシ、恥ずかしながら酒がやめられませんで。。。
(´・ω・`)
γ-GTP という肝臓の状態を表す数値も毎年健康診断でひっかかり。。。
その後毎日飲んでいるウコンが効いたのか、ランニングが効いたのか、今年は数年ぶりに数値がボチボチ回復。
“再検査”も数年ぶりに免れました。

とは言えやっぱりシャレにならないガンマ GTP なのは変わりなく、本来であれば週に1 or 2日は“休刊日”が必要なんだけど、コレがなかなか出来なくって、たまに休肝できると(せいぜい月イチ程度かな)もう大喜び。。。

ところが、今回、大会を控えて水曜日から金曜日まで3日も続けて休肝出来ました。
(・∀・)!!
3日連続休肝なんて、よっぽどヒドい風邪をひいたときぐらいしか今までは出来なかったが。

コレが今後も大会とかなくてもコンスタントに続けられるといいんだけどなぁ〜


明日の準備や道順やスケジュールの予習などして、寝ました。
前日にやっつけで予習すんなよ>オレ(w


2006年09月14日

●プログラムは直前まで続く その2 この期に及んでまだ泳ぐ(w

目標体重:69.0kg
目標までの残り:-3.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:72.5kg
BMI:25.1
二回目測定
体重:72.0kg
BMI:24.9


スプリントとは言え大会1週間前ともなれば普通の人は練習などせず静かにカーボローディングにいそしんだりするのだろうが、この期に及んで前々日の今日も有明スポーツセンターに行って泳いだ。
サスガにちょっと軽めにはしたケド。
(元々軽いのかもしれないが)

いつも、いつものストレッチとウォームアップはする。

●(クロール75メートル+平泳ぎ25メートル)×10本 = 800メートル

前回の続き。発展形。
正直コレだとまだキツく、最後の方では順番を崩してクロールで終わるように結果として、なった。

大会前なのでちょっと無理してガンバったけど、今の自分の実力だと前回のようにクロール50メートルと平泳ぎ25メートルのセットを重ねていくってのをしばらくは繰り返した方が良さそうだ。

さて、今日の800メートル、22分程かかった。
遅せ〜。。。 (´・ω・`)
要項を見ても制限時間は書いていないのでまぁOKだろうけど。。。


posted by ★yossiy★ at 22:08| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) |  牢wim(スイム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

●夜はスイム プログラムは直前まで続く



で、夜は有明スポーツセンターに行き、スイム。

●クロール300メートル×2 を水中ウォーキング25メートルで繋いだ

300メートルはサスガに今の自分にはかなりタフだった。
正直、ちょっぴ壁にへばり付くコトも。


その後前回やってイイ感じだった『ノンストップでどの位泳げるかシリーズ』が気に入ったので今日もアレンジしてやってみた。

●(クロール50メートル+平泳ぎ25メートル)×10本 = 750メートル

25メートルプールなのでクロール2本と平泳ぎ1本で1セットにするとちょうど75メートル。
コレをちょうど10本やるとトライアスロンのスプリントのスイムの距離と同じ 750メートル。

やってみるとこの組み合わせはなかなか良いらしく、「ウヒョー〜ッ!! コレだったらいくらでも泳げるぜ」なんて思った。

でも勢いが良かったのは最初だけで、3本目・4本目では早くも疲れてしまいピンチ。
でも、そこを乗り越えるとちゃんと10本750メートル泳げた。

どうやら平泳ぎも混じるかもしれないが、一応750メートルは泳げそう。


posted by ★yossiy★ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  牢wim(スイム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●Running is Therapy

目標体重:69.0kg
目標までの残り:-2.6kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:72.5kg
BMI:25.1
二回目測定
体重:71.6kg
BMI:24.8


昨晩、チト落ち込む出来事があった。
まぁ人並みに凹むコトも時にはあります。

さて、今朝も早起きしてランニング。
特に意識せず iPod nano で元気の良いプレイリストを聞きながら走ったケド、どうも沈んだ気分にマッチせず。
で、ムリせずバラード系のプレイリストにシフト。
コレが結構ハマッた。

走って汗を流しているうちに段々癒されて来た。
まさに“It is a therapy”
そして、段々自信とやる気、活力、情熱が漲ってきた。
ランニングはヒーリング、セラピーだ。
たったの30分で実にお手軽(w

■ランニング 30分

結局、大会前はコレが最後のランニング。
元々ランニングをやっていたので一番馴染みではあるケド、この1ヶ月は課題のスイムとバイクに注力していたので、割いた時間は一番短かったと思う。


posted by ★yossiy★ at 07:00| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) |  ランニング、マラソン / Running, Marathon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

●カレンダーを追加してみました


まだ重いので新着記事の数を更に減らして15→10にしました。
(ウチの PC がショボ過ぎるだけかもしれませんが)


逆に久々にカレンダーを復活させてみました。
以前の Seesaa のカレンダーって『当月のみ』しか表示されなくて、月末はいいけど月初はショボいじゃんといういただけないものだった。
けど、どうやら最近それが改善されて違う月に移動できるようになったっぽいので復活させてみました。


ラベル:ブログ blog

2006年09月10日

●Bike>@江戸川サイクリングロード(CR)

目標体重:69.0kg
目標までの残り:-2.8kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:71.8kg
BMI:24.8


江戸川サイクリングロード(CR)でトレーニング

別掲の通り、江戸川サイクリングロードの河口に近い辺りは道幅も狭くてこういうトレーニングには不向き。
でもまぁこういうのも行ってみないと分からないからね。

 ●走行時間 1時間46分44秒
 ●走行距離 32.37km
 ●積算距離 263.3km
 ●平均速度 18.2km/h
 ●最高速度 35.5km/h
 ●ケイデンス
 80  5分
 90  5分
 100  5分
 110 10分

posted by ★yossiy★ at 07:00| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) |  錬ike(バイク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●江戸川サイクリングロード(河口付近)



家を出た時には行き先をまだ決めかねていた。
取り敢えず晴海方面ではなく、新木場方面に向かった。
お昼ゴハンは軽く済ませ、おやつどきだったのでお腹が減っていた。

@
新木場駅下のコンビニで何か買って行こうと思って寄ると、あら?直久が出来てるじゃないですか。
ちょっと迷って、イヤイヤやっぱりコンビニで などと思ったけど、結局直久でラーメンを食べた。
確かな満足。やっぱコラーゲンですな。



行き先について、自走で来ちゃったし荒川河口橋を渡るのもイヤなので、また『若洲海浜公園』に行こうと最初は思っていた。
でも、ラーメン食べながら、「やっぱり江戸川サイクリングロードに行ってみるか」とフツフツとチャレンジ魂に火がついた(って程大袈裟なコトじゃないが)

この辺で若洲行って荒川行ったら、次は江戸川かな、と。

荒川河口橋を渡ったら、スッカリお馴染みになった葛西臨海公園へ。
公園内をポタリングしつつ東端を目指す。

A
これでいいんかいな?と思いつつも何となく進む。
ところどころ『サイクリングコース』の標識が出ているので安心するも、「本当にこれでええんかいな?」と不安は拭えない。
実は後日分かったのだけれど、基本的に 道が朱色 になっているところがコースらしい。
そういえば園内にそういうところがあったが、どこも歩行者の皆さんがむしろそこを歩いているので、ちっともサイクリングロードとは思えなかった。
でも、その色の着いたところって確かに路面が良くて走り易いんだよね。
歩行者が沢山あるいているから車椅子用かなとかしか思えなかった。

最も不安を覚えるのが道路(357とか首都高速とか)や京葉線の線路をくぐる部分の前後なんだけど、「こっちだろう」という方に行ってみると、急に視界が開けて旧江戸川が目に飛び込んでくる。

B
最初は堤防の上を走るので眺めはすこぶる良い。
けど、路面の状態があまり良くない。

C
程なくスグにサイクリングロードは堤防の上から川の外側に一段低くなり、川は見えなくなる。
4+2 で車で来るんだったら、この辺の公園に駐車場があるので停められる。(満車でなければ)
今日は出る時に「江戸川」って決めていなかったので、まぁ仕方がない。

このタイプの道がしばらく続く。
スグ隣に民家が並び、2階と大体同じレベルだ。
ケイデンストレーニングを開始するが、色々な意味で走り辛い道なので難儀する。

D
特に橋やら水門やらがあるとその度にサイクリングロードが途切れるのでちょっと萎える。

D(地図上Dが二つになってしまいました。。。 北の方)
結局、浦安橋を越えてしばらく行くと、サイクリングロード自体が途中なくなってしまったので「これはもういいや」と思い、Uターンした。

いつかリベンジする時は、実家のある野田か最終の関宿城まで行こう。
あるは利根川に入ってその先まで。

河口近くの堤防上、道幅が広くなったところまで戻って来て写真など撮った。
ビデオはスイマセン、風が実は結構強かったらしく、風の音で何しゃべってるか分かりません。。。
m(_ _)m



2006_0910_170725AA.JPG

2006_0910_170738AA.JPG


ビデオでは何しゃべってるか分かりませんが、昨日買った装備等の紹介です。
●ヘルメット OGK Sesto
●ボトル モンベルのサイクリングボトル
●ツール缶  Giant
●鍵 クリプトナイト

ツール缶の横には CO2 のボンベを使う空気入れがひっついています。



サドルの高さを調節しました。
購入時にはサドル下からフレームまで 13.6mm でしたが、ちょっと(かなり?)上げて 14.8mm にして家を出ました。

そしてその後更にここで、15.8mm に上げました。
その後乗ってみたらなんとなくしっくり来て良いカンジな気がしました。

でも、よく『サドルの高さは下死点で膝が若干曲がる程度』と言いますが、自分の場合そう思ってポジションを合わせる時にはそうなるのですが、実際のペダリング時にくるくる足を回している時には結構ヒザ曲がっていて余裕あるんですよね。

こりゃもう高さをこまめにチェックして変えて乗り倒してピッタリくる位置を見つけるしかないかなぁ〜。
と思って、ツール缶には巻尺も入れてあります。



再び葛西臨海公園に戻り、ちょっとまったりしました。



2006_0910_172621AA.JPG



帰り道、荒川河口橋の一番高いポイントに展望所みたいなところがあるので、そこでも絵を撮ってみました。




2006年09月09日

●バイク屋めぐりポタリング

目標体重:69.0kg
目標までの残り:-2.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:71.0kg
BMI:24.6


いよいよ大会も来週。
ヘルメットなど購入すべく、近所(でもないが)のバイクショップを回ってみた。





近いところから回るコトに。
ただし、バイシクル・セオは何度か行って大体分かっているのでパス。
まずは有楽町 ビックカメラ バイク売り場へ。
いつも通り晴海経由、勝鬨橋を渡って本土方面へ。

勝鬨橋前後から人も車も増えて走り辛くなる。
有楽町周辺ではそれがピークに達する。

ビックカメラのバイク売り場は駅前にある本館とは別館で、無印良品のフラッグシップショップ入っている建物の1階。
以前ソフマップが入っていて撤退した場所だ。
このバイク売り場はなかなか充実している。
一通りチェックしてから赤坂・溜池山王の Y's Bike アカデミーへ。

日比谷公園を経由で。
バイクに乗るようになってから、「何年ぶりに」とか「10年以上ぶりに」というコトが増えた。
ちょっとはアクティヴになったのかな。

この日比谷公園も17年程前、ちょっとこっ恥ずかしい思い出のある場所だ。
行った(というか通っただけだが)のはそれ以来ぶりかもしれない。

虎ノ門や特許庁前を経由して赤坂へ。
「この辺のハズだけどなぁ〜」と山王下で昨日購入しておいた昭文社の『でっか字まっぷ東京23区』をチェック。早速役立った。
ちょっと行き過ぎてしまっていたようで、戻るとスグに見つかった。

●レーパン
まずはパールイズミのレーシングパンツを買い物かごへ。
ちょっと安い「エントリーモデル」みたいなのもあったけど、既に使っているパッド付きインナーショーツと肝心のパッドがあまり違わないように感じたので、かなりイイ感じの“3Dパッド”の入っているヤツを購入することに。
セール品で7000円程。

ところが、レジに誰もいない。。。
一応店員さんは一人いるんだけど、他のお客さんにべったりくっついちゃってて、会計をする人がいない。
「他の階で一緒に会計しても良いですか?」と訊くとOKとのこと。
他の階も同じようなカンジ。
万引きとか平気なんだろうか?

●ツール缶
なかなか他のショップで見ないツール缶を発見。
しかも Giant のもある。
背の高いやつを購入。

結局1階に下りるまで会計できず、この階でこの2点の会計を済ませた。


店を出ると既に薄暗くなっていた。
自転車用のライトはまだないので、アウトドア用のヘッドライト“ペツル・ティカプラス”を持ってきた。
サスガに頭にするのは気が引けたのでハンドルバーにブラ下げた。
ビックカメラに戻る。
一度走った道なのでコツは掴めたのでスイスイ走れた。


●OGK Sesto
ヘルメットはビックカメラで購入。
JCF(日本自転車競技連盟)の公認ヘルメットの一覧表をプリントアウトして持って来たのでチェックしておいた。
セストは7千円程で他の商品やショップを比較しても、公認ヘルメットの値段の下限はこの辺りと思われる。

他にツール缶をセットするボトルケージも購入。


最後に晴海のバイシクル セオへ。
●グローブ
グローブはなかなか良いのがなく、結局セオに寄ってこの中でアディダスのを購入
2,500円程。

●チェーンロック
ここで購入して早々に紛失してしまったものと同じものを再度購入。
その後も色々なショップに行く度にチェックはしていたんだけど、なかなか良いものはなかった。
クリプトナイトのナンバー式チェーンロックは軽量で実に良いカンジだ。


半月ぶりに購入した店に来たけど、「その後調子はいかがですか?」という声がかかる訳でもなく、ちょっと寂しかった。

購入時も購入後も親身になって接してくれるバイクショップに巡り会えるサイクリストは幸せだろう。


 ●走行時間 59分19秒
 ●走行距離 17.08km
 ●積算距離 230.9km
 ●平均速度 17.3km/h
 ●最高速度 40.5km/h

 ●ケイデンス
  80→90→100 各3,4分
これは最後の帰宅時にセオから。


2006年09月08日

夜はスイム



夜は有明スポーツセンターへ。
こんな風にコンスタントに複数種目の練習が出来るとトライアスリートっぽくてなかなか良い。
(・∀・)!!

ストレッチの後、ウォームアップは軽めに済ませた。

●(250メートルクロール+25メートル水中ウォーキング)×3本 →825メートル

やっぱり一本目はキツかったが、その後慣れた。
今日も 2コース程貸切で使われていたのでちょっと混雑気味。
泳ぎ辛くてイヤな思いをするコトもあった。


●ノンストップでどの位泳げるかな?

続けて、25メートル歩いた後で「途中水中ウォーキングなど入れずに、壁にタッチした後も直ちに続けて泳ぐとどのぐらい泳げるだろうか?」と思って試してみた。
クロールと平泳ぎを概ね交互に。気持ちクロールの方が多い程度。

 →900メートル泳げた (・∀・)!!

これは結構な自信になった。
そんなに泳げるとは思わず、せいぜい 3、400メートル程度かなぁと思っていたし、実際始めた時はそんなカンジだったけど、これも段々慣れて来て、しまいには後半は段々楽しくなって来た。

ノンストップと言いつつ、途中2回程「心臓が痛くなってきた。ヤヴァい」と思った時に脈拍を測る為、15秒程止まった。
この時の脈拍(2回目に測った時) 140bpm
まだまだイケるぞ、と。
&結果的に15秒休むとかなり回復する。



今日意外だったというか、別の収穫は、「今何メートル泳いでいるところだっけ?」とか「今何本目だっけ?」ってのがちゃんと分かるようになって来ていたってコトだ。
以前は途中で「はて?」と分からなくなってしまうコトも多かった。



途中平泳ぎが混ざるかもしれないが、一応大会の750メートルは泳げそうかな。

大会までにあとせいぜい2回ぐらいしか練習できないだろうけど、この練習でクロールの割合を増やしていったりしてみよう。



posted by ★yossiy★ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  牢wim(スイム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

●朝はバイク

目標体重:69.0kg
目標までの残り:-3.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:72.0kg
BMI:24.9


昨日もも・ののと一緒に行ったサイゼリヤがたたり、体重は増え気味でピンチ!



昨日パンクを( Giant OCR 3 では)初めて修理をしたので、「ちゃんと直っているかなぁ〜」とちょっと不安ではあった。
朝、チェックすると件の後輪はパンパンでカンッカン。
イエッス! (・∀・)!!

で、出動。

今日は地元周遊。
キチンと走りたかった / トレーニングしたかったので、一部公園も走ったけど、基本的には今日は車道を走った。
朝のお台場界隈は車もあまり通らず、トレーニングにはうってつけ。
こういう環境はありがたい。
大江戸温泉辺りまでを何度か往復した。


夕方「日が短くなった」としみじみ感じるけど、朝も明けるのが遅いと感じる今日この頃。
スッカリ秋だ。

今朝は 6時半頃出動したけど、天気が悪かったこともあり、まだちょっと薄暗いカンジだった。
虫も沢山鳴いていて時間は遅いのに、まだまだ夜明け頃の風情だった。

今までと同じカッコでは寒いかなと思ったけど、走り始めるとスグに暑くなった(w

 ●走行時間 41分39秒
 ●走行距離 15.2km
 ●積算距離 213.8km
 ●平均速度 21.9km/h
 ●最高速度 36.0km/h

 ●ケイデンス
  70  5分
  80  5分
  90  5分
 100 10分

昨日、このトレーニングをやりたかったんだよなぁ。
その後は軽く流したが、ケイデンス100rpm の後で60、70程度だとバカみたいに遅く感じる。
最初はこの位でもキツかったのに。
ちょっとは上達してきたかな。


posted by ★yossiy★ at 06:19| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) |  錬ike(バイク) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。